経理面に優しいリース契約

最新の情報

複合機をリースすると初期費用を抑えれる

複合機をリース契約で導入すると、購入するための設備投資費用が必要なくなります。
そのため、設備投資費用を運転資金に回せるので、初期費用を抑えることができます。
また、リース料は毎月発生しますが、所有権がリース会社にあるので減価償償却の手続きが発生しません。
さらに、リース契約には動産保険が適用されるので、盗難されたり火災が起きても補償を受けることができます。
その上、リース契約であれば複合機が不要になった際の処分費用をリース会社が負担します。
ちなみに、複合機を購入した場合は、不要になった時の処分費用が自己負担になります。
複合機を購入して導入するより初期費用を抑えられるリース契約は、リース料は毎月にランニングコストになるので設備投資費用も抑えれます。
そして、リース契約のメリットは契約期間中の費用が固定となるので、コスト管理が行いやすいことです。
なぜなら、途中解約しなければリース期間ならば、月々のリース料は全額経費として処理されるからです。
また、動産保険や固定資産税に掛かる費用はリース会社が負担してくれるので、財務管理が行いやすくなります。
リース契約は、購入して複合機を導入する場合より多額の購入資金が必要なくなるので、初期費用を抑えて複合機を導入することが可能となります。

複合機をリースする際の注意点

複合機をリースして導入するメリットは、毎月のリース料を経費扱いにできることにあります。
そのため、月額料金が固定されるので、コスト管理を行いやすくなります。
その上、複合機を購入するのと違って所有権がリース会社にあるので、固定資産税の支払いや減価償却の手続きが一切発生しません。
ただし、リース料は固定金利となるので導入した際に決められた年数でリース契約を行う形になるので、リース契約を途中解約できないのが基本となります。
なので、リース契約の注意点として一度契約すると途中解約できないので、リース契約が終わるまで長期的に支払うことになります。
また、残債を一括払いすれば強制的に契約を終わらせることができますが、自由に解約できません。
そして、リース契約において複合機の所有権がリース会社にあるので、リース契約が終わったら複合機をリース会社に返却する必要があります。
とはいえ、複合機のリース契約は購入するよりも初期費用を抑えれるので、最新機種を導入しやすいメリットが存在します。
複合機をリースする際は、リース契約が終わると複合機を返却することに注意する必要があります。