設備投資にも便利なリース契約

最新の情報

申し込みしやすい複合機のリース契約

複合機をリース契約で導入する際は、初期費用を抑えれるので設備投資費用を会社のランニングコストに回すことができます。また、リース契約を結ぶ際は審査に通る必要がありますが、審査は簡略化されているので申し込みやすいです。
しかし、複合機においてリース契約を結ぶには審査に受かる必要があるので、審査に落ちるとリース契約を結べません。なので、リース契約によって複合機を導入するのであれば、審査を受ける前に与信審査を受けるのがポイントとなります。
無料で受けれる審査となる与信審査は、複合機をリースするのを検討しているならば受けるのがお勧めになります。なぜなら、リース会社によって審査の基準が異なるからです。
そのため、リース契約で複合機を導入する際は、複数のリース会社の与信審査を受けるのがお勧めです。ちなみに、リース契約に申し込んで複合機を会社に導入した場合は、複合機の所有権が会社側でなくリース会社側になります。なので、リース期間が切れた時に複合機をリース会社に返却することになりますが、リース期間が切れる数ヶ月前にリース会社から再リースの打診があります。
よって、リース契約が終わっても再びリース契約を結ぶことで、リース会社から複合機を導入することが可能になります。
複合機のリース契約の審査に申し込みしやすいので、複合機を導入する際の初期費用を抑えるならリース契約が適しています。

複合機のリースをするメリット

最近は複合機を購入するのではなくリースをしている企業が増えてきています。複合機のリースをする最大のメリットとしては毎月分割で利用料を支払っていくことです。一括で大金を支払わなくて済みますので資金があまりない場合でも安心して利用することが可能です。初期費用をあまりかけることなく複合機を利用することが出来るところはポイントになりますよね。もう一つのメリットは自然災害などによって複合機が壊れてしまった場合や盗難にあった際に保障してくれる保険に自動的に加入出来るところです。何が起こるか分かりませんからこうした保険があるだけで安心出来ますよね。またリースで利用している場合には複合機の固定資産税を計上する必要がないところもメリットと言えます。その上、毎月かかる利用料は経費とすることが出来るので一石二鳥です。リースの場合は購入と違って最新の機能が備わった複合機を常に利用していくことも可能です。購入した場合は最新機種が発売する度に買い換えするのはなかなか難しいかと思いますが、リースならばそれが出来てしまうのです。たとえリースの契約期間が終了したとしても希望すれば再度リースすることも可能ですから安心です。