利用頻度に応じての判断が必要

最新の情報

複合機リースのメリット

オフィスに複合機を導入するのであれば、複合機リースを考えてみることがおすすめです。複合機リースを利用する大きなメリットは、初期費用が必要ないことです。
購入をした方が便利、長い目で見ると安上がりと考える人は少なくありません。中古の複合機も多く販売されており、性能がそれ程高くないものであれば10万円程度でも購入可能ですが、大量にプリントをするの出れば、良い複合機を選んでおく方が良いでしょう。複合機リースは、中古でも10万円以上必要な複合機を、初期費用なしで設置することができます。
リース料や印刷した枚数毎に発生するカウンター料金は必要となりますが、それでも購入した場合に比べると最初にかかる費用は格安です。更に、毎月のリース料を経費として落とせるというメリットもあります。長く使い続けるのであれば、購入の方がお得になるのではないかと考える人は少なくありませんが、リース料が経費になることを考えると、複合機リースも視野に入れておいて損はありません。
そんな複合機リースを利用する場合に重要になってくるのが、内訳の把握です。リース料と毎月のカウンター料を考え、お得に使うことができる複合機を選ぶことで、経費の節約に繋がります。

複合機の導入は買取?リース?

オフィスを立ち上げなどされる際に、必ずと言っていいほど必要になってくるオフィス機器があります。その中に複合機があります。コピーとFAXとプリンター。スキャナー機能が付いてる複合機も数多くあります。この複合機を導入する際、決まって検討議題に上がってくるのは、買い取る?リース?問題です。リースであれば毎月リース料が発生します。買取の場合であればリース料は発生しません。単純に見れば買取に軍配が上がりそうですが、それ以外にも検討の余地があります。
複合機には必ず、ランニングコストというものが存在します。複合機を使っていく上で必要な用紙やトナー、保守費用です。買取の場合、それらが別途発生して参ります。複合機の利用頻度によっては、それだけで結構お高くなってしまいます。ですがリースの場合、その業者によってまちまちですが、そのランニングコストの一部、もしくはランニングコストをリース料に含めるというところもあり、場合によってはリースの方がお得になったりします。
あくまでも複合機を利用する状況、利用する頻度によって様々異なってきますので、複合機導入の折には、買取かリースかを十分に検討されることをオススメ致します。